日本の教育は空気、そして世界に誇れる川の水

日本の教育は空気のようじゃ
えっ、仙人、どういうことですか?
ひろ、ためしに息をとめて空気をすうのをやめてごらんなさい
くっ、苦しい!! 仙人、空気はなくてはならない、ものですね
そうじゃ。そして空気は人をえらばない。誰にでも等しく、分けあたえるのじゃ。
空気はお金持ちにはいっぱい、ということはない。
誰にでも平等なんじゃ。
空気のおかげ、こどもにも、お父さん、お母さんにも、おじいちゃん、おばあちゃんにも
すんだ青い空があるのじゃ。
あら、本当だわ。でも、仙人、日本の教育は水というのは?
水は自由じゃ。川の水をみてごらん。いつも、自由に流れている。
山から海へ、海から空へ。
水には何の制約もない。
水は形を自由にかえて動いている。
水は形をかえるが、本質はかわらない。
水は氷なっても、水蒸気になっても、水のままじゃ。
日本の教育もおなじじゃ。
庶民の文化、教育の栄えた江戸幕府から
文明開化の明治政府になっても、
教育の本質はかわってない。
日本の教育には、すべての人を愛する平等の精神が
泉のごとなく流れている。
日本の教育では、すべての人が学ぶ機会を公平に平等に与えられている。
そこには、宗教、身分、価値観など何の制約もない。
そう、自由なのだ。
そして、水が流れる日本の川は世界に誇れるのじゃ。
あんなに清らかで豊富な水は世界では珍しいのじゃ
そうなんだ。ぼくは小田原の酒匂川へよく遊びに行くよ。
東京から1時間くらいで、車でいけるんだあ。
酒匂川には清流にしかすまない
アユがいっぱい、いるんだあ。
ぼくは川でアユをとって塩焼きにするんだ。
川の水でご飯も炊くよ。
もちろん、川の水はそのまま飲めるよ。
日本の教育はすんだ青い空、すきとおる川の水のよう。
それを支えているのが日本の公共システムなんですね。
ねっ、せ・ん・に・ん!!

ueno

6,406 views

こんにちは。上野博之です。 自遊学館とみことの責任者です。 わたしはこどもと自然が好きです。 こどもは屈託のない笑顔がいいです。 日本の自然、きれいな川は心...

プロフィール